沿革

東京湾を漁場として生計を立ててきた漁師達が、高度成長の波による海洋汚染や埋立事業により漁場縮小を余儀なくされ、警備事業を開始する。

    昭和
    47
    7
  • 東西興業株式会社 資本金 200万円にて設立(本社登記中区錦町)
    • 48
      1
  • 神奈川県警備業協会入会
    • 48
      4
  • 横浜市港湾局、緑政局、道路局より清掃業務受契
    • 50
      5
  • 本社神奈川区子安に移転
    • 52
      1
  • 大黒埠頭内L1~L4警備開始、その後埠頭内警備・清掃契約拡大
    • 53
      5
  • 資本金1,200万円に増資
    • 55
      2
  • 神奈川県ビルメンテナンス協会入会
    • 56
      5
  • 資本金1,500万円に増資
    • 57
      11
  • 機械警備開始
    • 60
      7
  • 資本金3,000万円倍額増資
    • 62
      2
  • 資本金4,500万円に増資
    • 平成
      6
  • パシフィコ横浜の株主
    • 9
  • 横浜ベイブリッジ開通、スカイウォーク清掃、機械警備受契
    • 4
      7
  • 創立20周年式典、社史「無からの出発」出版
    • 6
      8
  • パシフィコ横浜国立会議場清掃受契
    • 6
      11
  • 大黒埠頭C4ターミナル設備、清掃受契
    • 7
      7
  • 資本金6,100万円に増資
    • 8
      2
  • 神奈川トヨタMYXビル警備受契
    • 11
      4
  • 横浜動物園「ズーラシア」清掃受契
    • 11
      9
  • ワールドポーターズ警備・清掃受契
    • 17
      4
  • 島忠ホームズ新山下店(防災、出入管理警備、環境衛生、清掃管理業務)受契
    • 18
      4
  • 成田国際空港保税倉庫警備業務受契
    (19年4月同航空機整備地区倉庫及出入管理警備受契)
    • 18
      7
  • ジャパントータルサービス株式会社に商号変更
    • 20
      5
  • ダイワコーポレーション新山下営業所総合管理受契
    • 20
      7
  • 東西ビルサービス株式会社設立(100%子会社)
    • 20
      11
  • 島忠ホームズ新川崎店、12月川崎大師店総合管理受契
    • 21
      4
  • 横浜大桟橋埠頭SOLAS警備受契
    • 21
      8
  • 本社移転(横浜市神奈川区子安通1-192より横浜市神奈川区子安通1-132-1へ)
    • 22
      9
  • スカイビルサービスANA川崎エネルギーセンター棟・ケータリング棟
    その他施設管理業務受契
    • 24
      4
  • 三渓園警備業務受契
    • 25
      4
  • 横浜美術館警備業務受契
    • 25
      11
  • 資本金4,950万円に減資
    • 28
      10
  • 横浜動物園「ズーラシア」警備受契
    • 29
      6
  • 横浜動物園「ズーラシア」受付・案内受契
    • ジャパントータルサービス株式会社は、警備業務から清掃・設備メンテナンスまで、「安全」「安心」を創造する企業です。

      Copyright© 2015 Japan Total Service Co,ltd. All Rights Reserved.